株式会社佃林は2018年10月11日(木)より豊洲市場で営業いたします。

この度、佃林の営業する東京都中央卸売市場築地市場は新規に建設された豊洲市場に移転します。

 

市場の移転に伴いまして、弊社店舗及び事務所を下記に移転します。

 

日本橋魚河岸時代より海老の問屋兼仲買として営業してまいりました佃林は、築地市場誕生から閉場までの80余年を見届けることとなりました。

 

築地で培った皆様からのご信頼を、豊洲の地でも大切に商売してまいりますので何卒宜しくお願い致します。

 

現在の築地市場での営業は2018年(平成30年)10月6日(土)をもって終了いたします。

 

豊洲市場の新規開場日は10月11日(木)です。また、10月9日(火)、10日(水)は東京都中央卸売市場より「移転のための特別閉場日」として築地市場からの引越の期間として市場が開かれない日として設定されております。

 

私たち佃林では、この移転期間中に日頃ご愛顧いただいておりますお客様へのご迷惑を最小限に抑えるための方策を思案しております。

 

詳しくは担当までお電話ください。



豊洲市場について

豊洲市場の施設概要については東京都中央卸売市場のウェブサイトをご覧ください。


水産仲卸売場の店舗配置について

豊洲市場水産仲卸売場の店舗配置図は

東京魚市場卸協同組合(東卸組合)のウェブサイトでご確認いただけます。(→こちら

●新店舗住所

〒135-0061

東京都江東区豊洲6-5-1

東京都中央卸売市場豊洲市場 6街区水産仲卸棟

ニ039~042

 

●店舗電話番号:03-6633-5327

●店舗FAX:03-6633-5330

 

 

▲新事務所住所

〒135-0061

東京都江東区豊洲6-6-1

東京都中央卸売市場豊洲市場 7街区管理施設棟4F 404

 

▲事務所電話番号:03-6633-5328、5329

▲事務所FAX:03-6633-5816

 

(※6街区と7街区では住所が異なりますのでご注意ください)

 

 

ゆりかもめ線 市場前駅より歩行者デッキで直結

豊洲市場6街区の加工パッケージ棟。佃林の入居する水産仲卸棟はこの左奥になります。
豊洲市場6街区の加工パッケージ棟。佃林の入居する水産仲卸棟はこの左奥になります。
豊洲市場7街区の正門(南)前。手前は管理施設棟、奥が冷蔵庫棟、さらに右奥が水産卸売場棟です。
豊洲市場7街区の正門(南)前。手前は管理施設棟、奥が冷蔵庫棟、さらに右奥が水産卸売場棟です。
ぐるり公園から水産仲卸棟を望む
佃林の店舗が入る豊洲市場6街区の水産仲卸棟を市場外の「ぐるり公園」から撮影したものです。ぐるり公園は誰でも自由に入れる公共の場所です。
開場前の佃林店舗
移転準備中の佃林豊洲市場店舗です。