豊洲海老ブログ

豊洲市場の佃林です。ホタテも定番商品です。 ()
豊洲市場の水産仲卸の佃林です。佃林は海老を中心に扱っていて、海老だけで常時10種類ほどの品揃えです。が、その他にも冷凍のイカ、ホタテ、小柱、カニ、カキなどなど、1キロぐらいの箱や袋の業務用加工品があります。 今日は自宅用に北海道オホーツクのホタテ柱、1キロを買いました。3Sというサイズ、40粒ほど入っていました。バラ凍結。生食のできる、北海道漁連のシール付の商品です。刺身、バター焼、クリーム煮、鍋物など、あると重宝します。 ▲北海道産冷凍ホタテ柱3S 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話036633532
>> 続きを読む

豊洲市場の佃林です。ゆりかもめの1番前。 ()
豊洲市場の佃林です。豊洲市場はゆりかもめの市場前、という駅に直結しています。他の公共の交通機関からのアクセスがあまり良くなくて、都バス2路線ありますが本数が少ないです。ゆりかもめが1番便利です。今日、11月5日、帰りにゆりかもめ乗ろうとしたら、先頭車両1番前の席が空いているのがみえました。チャンス。1番前に座りました!ゆりかもめは無人の自動運転です。目の前に景色が開けます。このところ日が短くなって、すぐ暗くなります。ビルの灯りがきれいです。写真は豊洲駅到着する少し手前。先頭車両1番前の窓に携帯を押し付けてシャッター押しました。 ▲ゆりかもめ豊洲駅手前。先頭車両より。 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話036633532
>> 続きを読む

豊洲市場の佃林です。きれいな天然車海老、入荷しています。 ()
豊洲市場の海老専門仲卸の佃林です。10月27日の 入荷の一番のおすすめが、大分県姫島の天然の車海老です。色つや、殻のしっかり具合、見るからに良い品物です。 ▲大分県姫島の天然車海老 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話036633532
>> 続きを読む

豊洲市場の海老専門仲卸の佃林です。芝海老の美味しい季節、始まりました。 ()
豊洲市場の佃林です。 シバエビ(漢字では芝海老)の美味しい季節になってきました。今日も九州の佐賀県から入荷しました。これは、生食はしません。殻をむいて、天ぷら、かき揚げにすると本当に美味しいです。頭も殻もそのままで素揚げにしても美味しいです。また、殻付きのまま塩ゆでにして、茹で上がってから殻をむき、サラダにしたり、酢の物にするのも美味しいです。茹でたものは冷蔵庫で数日持ちます。江戸前のお寿司屋さんは、これをすりつぶして玉子焼きに入れます。和食の方は海老しんじょ。 昔は東京湾の芝沖でとれたのでこの名前です。江戸前の料理にはなじみの海老です。 ▲芝海老 佐賀から来ました 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話036633532
>> 続きを読む

豊洲市場の水産仲卸、海老専門の佃林です。天然車海老も入荷。 ()
豊洲市場の水産仲卸、海老専門の佃林です。新しい市場で一週間ちょっと。場所もわかりにくく、電話番号も変わっているので、お客様にはご不便をおかけしています。 車の渋滞は初日だけが突出してひどいものでしたが、2日目から落ち着きました。昼間は、毎日観光客の皆様が押し寄せている状態です。 勝手が違ってまだ戸惑うことも多いですが、さすが、魚河岸の仕事人はすごいです。よくも悪くも、あっという間に「築地化」。お客様に変わらぬ品質、サービスで品物を提供しています。 入荷は変わらず、活きた車海老も九州を中心に入ってきています。北のほうの甘えびボタン海老も日によって入荷の多い少ないはあり、価格の上下もありますが、築地の時と変わることはありません。 季節の味の、芝エビの美味しいものも入ってきています。今日は佐賀のが来ていました。 写真は、今日入荷の天然車海老の大型サイズ。愛知の一色のものです。 ▲愛知県一色の天然車海老 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話036633532
>> 続きを読む

豊洲市場の佃林です。事務所のフロアーのこと。 ()
豊洲市場の佃林です。店舗は水産仲卸売場棟の1階です。事務所も築地から引越て来て、豊洲市場内の管理施設棟という、東京都の講堂や、事務所が入っている建物の中です。エレベーターがとてもごゆっくり。階段の方が早いと言って、階段を使う人も多いです。 写真は給湯室。広いです。シンクが2つ。なぜか水の出が悪いです。2年もほったらかして使わなかったので、中で詰まってるのでしょうか。この給湯室に飲み物の自動販売機が入っていました。助かります。でも、高いです。定価とのことです。コンビニがない豊洲市場、この飲み物の自動販売機だけは、あちこちにあります。みんな、この高い、飲み物の自動販売機で買っています。飲み物は大事です。お汁粉缶もコーヒーもあります。この間、中身の補充に来たオニイサンに、売れ筋は?と聞いたら、これとこれと、と、教えてくれました。コーヒー、お茶、麦茶と当たり前すぎて笑えました。魚河岸のみんなは、流行り物より、安定志向ですね。 この管理施設棟というのは、あの都知事が高級ホテルより建築費が高い、と言った建物です。この広い給湯室に、洗剤や洗い桶などをおいているのはウチだけです。(なんでだろう?) ▲豊洲市場管理施設棟の事務所フロアーの給湯室 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話036633532、
>> 続きを読む

豊洲市場の佃林です。屋上に出てみました ()
豊洲市場の佃林です。開場から一週間。場内が広いので、毎日「歩くねえ、遠いねえ、疲れるねえ」と会う人ごとに合言葉のように掛け合う声です。 今日は午前中、事務所の下の階に用事で行ったとき、なんと、お取引先の山形の食品流通会社の社長さんとバッタリお会いしました。ちょうどお仕事で東京にいらして、一日休みが取れたのでお出でになったとのこと。おひとりで、ごく普通の観光客ふうの感じでした。まったくの偶然。少し時間があったので、中、ご覧になりますか?とお誘いして、仲卸売り場や、物販のフロアー、飲食のフロアーなどご案内し、最後に屋上の緑化庭園に。片側の奥からはスカイツリーが見え、反対側からは晴海ふ頭、東京タワー、さらに首をめぐらすとレインボーブリッジからお台場の観覧車と、見晴らしがいいのに驚きました。 新しい施設のあちこちに驚きもしましたが、そこかしこで会う築地の顔、顔、「おはよう」「おかあさん、来てる?」「あ、ここなんだね」と笑顔を交わす、楽しいひと時でした。みんなの顔がとてもうれしかったです。偶然会った山形の社長さんのおかげです。仕事の合間の豊洲ツアー、楽しみました。 ▲豊洲市場屋上から、遠くにスカイツリーが見える ▲豊洲市場屋上から、晴海ふ頭、奥のほうに東京タワー 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話0366335328
>> 続きを読む

豊洲市場開場しました。佃林です。 ()
本日平成30年10月11日、東京都中央卸売市場の豊洲市場が開場しました。 周辺は早朝から大渋滞。加えて、場内駐車場に入るのに30分から1時間と、お客様がこぼしておいででした。数々のトラブルを乗り越えて、まだ未解決も抱えながらも発進しました。歩くには広すぎる場内をお越しくださったお客様のお顔が、本当にありがたく思えました。感謝です。 お店はやすんで今日は様子見の方、間に合わないかもしれないからランチは休んだ、とおっしゃる方など、皆さんそれぞれにこの豊洲市場との付き合い方を模索中。お客様から「開店おめでとうございます」と言われてはじめて、そうか、新規開店なんだ、と改めて思いました。そう思う余裕もないこの数日でした。 入荷も潤沢。水槽もいい感じです。写真午前7時半ごろの店の中と周りです。生きた車海老、生のボタン海老、生の殻付き白えび、生の芝海老、ちょっと珍しいモサエビなどです。 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話0366335328
>> 続きを読む

築地市場の佃林、豊洲市場へ参ります。 ()
築地市場の佃林でした。明日平成30年10月11日からは豊洲市場の佃林です。 店も事務所も築地にありました。店も事務所も豊洲に引っ越しいたしました。 活け車海老の水槽も新しく用意しました。水槽の会社のプロに、水の状態、整えてもらっています。 水温、水質、塩分濃度、酸素濃度など、適切な水準にしてあります。新しい冷凍ダンベにも冷凍品が入りました。 新しい場所でお客様をお迎えします。あちこち不備がおおいかと多いかと思いますが、良い品物をお客様にお渡しできるよう、努めます。皆様、豊洲市場の佃林をどうそよろしくお願い申し上げます。 店舗 江東区豊洲6-5-1 水産仲卸売場棟1階ニ039〜042 電話0366335327 事務所 江東区豊洲6-6-1 管理施設棟404 電話0366335328
>> 続きを読む

築地市場から豊洲市場へ移転します。新しい佃林のセリ帽 ()
築地市場から豊洲市場へ移転します。引越し準備真最中の佃林です。 築地市場は東京都の公設市場です。仲卸は東京都に許可を受けて、いろいろなルールにのっとって仕事をしています。市場に送られて来た品物の値段をつけるセリも、参加するのにこのような「売買参加章」を各自帽子につけて行います。これは東京都から支給されたものです。青いのが築地市場の物、黄色が豊洲の物です。当店は現在4枚看板なので、4つ来ました。新しい帽子を買って来て、昨日針仕事。新しい「セリ帽」出来ました。 ▲豊洲市場のセリ帽 ▲青が築地市場の、黄色が豊洲市場の売買参加章 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの他ホタテ・カニなど冷凍水産物の仲卸 東京都中央卸売市場豊洲市場
>> 続きを読む