築地海老ブログ

築地市場の水産仲卸です。あちこちで建替の築地、平成30年5月事務所引っ越します。 ()
築地市場の水産仲卸の佃林です。店舗は築地市場内にあります。事務所は築地7丁目の北海道漁連ビル6階です。佃林は、この北海道漁連ビルに37年間、お世話になっています。ところが、昨年、このビルが耐震性に問題があることから取り壊しが決まったのです。大家である漁連さんと協議を重ねた結果、この5月23日に引っ越すことになりました。幸に、ごく近所に事務所を借りることができたので、電話番号などもかわらず、皆さんにご迷惑をかけずに済みそうです。この築地界隈、あちこちビルの取り壊し、あたらしいマンションやホテルの建設が続いています。日々、変化している街並み、来年にはどうなっているのかもわかりません。 写真は築地7丁目の街角、手前もその先も工事中、街路樹に重なって見えるビルが、7階建ての北海道漁連ビルです。6月で漁連さんも出てしまいます。 ▲築地7丁目の街角 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの他ホタテ・カニなど冷凍水産物の仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。5月1日2日3日営業します。 ()
築地市場の佃林です 築地市場は5月1日2日3日は営業いたします。5月4日5日6日休みです。 どうぞよろしくお願いいたします。 写真は駿河湾の生桜えびです。これからだんだん良い状態になってきそうです。 5月1日2日3日連続で入荷。5月の連休明けあたりが本番でしょう。どうぞお楽しみに ▲駿河湾の生桜えび、1パック500グラムです 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの他ホタテ・カニなど冷凍水産物の仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。活け車海老、シートで来るものが多いです ()
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。 国内、車海老の養殖場は、主に九州沖縄にあります。以前はおがくずの中に車海老が詰められていたのですが、近年、保湿シートにくるまれて箱詰めされたものが多くなっています。シートは箱が小さくてすみますし、軽いので、輸送には便利です。おがくずの方が海老が動かないので、いい状態を保てるのですが。おがくずがだんだん入手しにくくなり、高くなっているのです。保湿と保温の点からも、おがくずは適しています。 佃林では、活け車海老はお客様のご要望によって、おがくずに詰める、酸素のポンプをつけて海水に入れる、氷で〆て袋詰め、そのまま袋詰め、と、おわたしする形を変えています。養殖場がシートで詰めた箱のままのお買い上げの場合、そのままお渡ししています。 写真は、今日入荷の久米島の活け車海老。1キロの箱で50本ぐらいのもの。(箱に尾数書いてあります。51だったかと) ▲シートにはさまれて来る活け車海老 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの他ホタテ・カニなど冷凍水産物の仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。国内養殖の車海老 ()
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。このところ、北海道の赤い海老たちが時化で入荷少なく、特にボタン海老は高騰しています。一方、南の九州沖縄の養殖車海老は、まあ順調な入荷で、価格も安い水準で推移しています。今日3月24日は、天然の車海老50グラムほどの大きいものも入荷。美味しいチャンスです。 写真は竹富島のユーグレナの車海老。エサにユーグレナを混ぜているそうです。この頃は品質も良くなって、評判良いようです。 ▲竹富島ユーグレナの活け車海老 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの他ホタテ・カニなど冷凍水産物の仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の佃林です。3月23日築地あかつき公園の桜が咲き始めました ()
築地市場の水産仲卸の佃林です。当社、店舗は築地市場の中、いわゆる場内です。事務所は市場をでて数分の築地7丁目にあります。すぐそばに築地あかつき公園(明石町と築地の間)があります。ほんの二日前に雪やら雨やらの寒い日がありましたが、天気がよくなったら急に桜が咲き始めたようです。 ▲築地あかつき公園の桜 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの他冷凍水産物の仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の水産仲卸の佃林です。ハカリを測ります。 ()
築地市場の水産仲卸の佃林です。築地のいわゆる場内は東京都の公設市場です。さまざまな決まりがあり、公正な取引で、食品の安定供給に努めております。 この日3月2日、計量のチェックに担当職員がやってきました。店で使っているハカリが正確かどうか調べに来たのです。 レトロなまるでおもちゃの箱のようなものは、計量用の「重り」を積んでいます。店のハカリに乗せて、正確かどうかを調べ、合格ならばシールを貼って帰ります。 ハカリが正確かどうか、なんて、当たり前だとお思いでしょうが、インチキしようとするなら、ハカリに細工するのが手っ取り早いということです。築地市場は、こういうことも、ちゃんとしてるのです。信頼を得る努力、市場として、力を合わせております。 ▲ハカリに重りを乗せて正しいか見ています ▲重りの乗った車 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の佃林です。連絡なしのキャンセルとは!! ()
築地市場の海老専門水産仲卸の佃林です。今週の事、午後事務所に1本の電話があり、ボタン海老のご注文いただきました。はじめてのお客様でした。このところシケで、ボタン海老はかなりの高値であることお伝えしました。安定している時期には1キロ5~6千円のところ、2万円~3万円もの高値であると。ご注文いただいても2万円近くなってよろしいでしょうか、と念を押して聞きましたら、必ず行くから取っておいてください、とのことでした。お名前と携帯電話お聞きしました。で、次の日、朝6時半のお約束でしたが現れません。連絡なし。こちらからお電話しても出ません。このような高い値段の物、右から左に売れるものではありませんし、次の日に売るようなものでもありません。二度とお出でにはならないでしょうが、約束、商取引での約束事を守らないで、さて、どうなさるのか。当方もお客様対策などということを考えねばなりません。生ものの取引というものをご理解いただきたいと思います。 ▲(参考 ボタン海老・シマ海老) 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の佃林です。事務所の裏の大宗旅館の梅。 ()
築地市場の佃林です。当社、店舗は築地5-2-1の東京中央卸売市場内にありますが、事務所は築地7丁目にあります。事務所の裏手に古い木造2階建ての旅館があります。現在はほぼ開店休業状態。知ってる人しか泊めない、とのことです。木製の塀に沿って、植木が並んでいます。知らないうちに増えていくのだそうです。「置いてっちゃうの」だそうです。きれいにお世話しているのが見てとれるので、捨てるのが忍びない鉢を、そっと、置いていくのでしょう。勝手口の両側には紅梅白梅一鉢ずつ。今日2月15日、こんなに咲いていました。梅が咲いたら、うぐいす餅、食べたくなります。さて、どこに、、。 ▲築地7丁目の梅 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の海老専門水産仲卸の佃林です。今日2月10日の車海老。 ()
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。活きた車海老、生のボタン海老・甘海老・シマ海老、冷凍の各種海老やカニ・ホタテ・イカ等を扱っております。 このところ、活け車海老、生の赤い海老たち、高値です。生の赤い海老たち(ボタン海老・甘海老・シマ海老)は、日本海側北陸から北海道で獲れるので、シケだと入荷が減るのです。このところの悪天候で入荷少なく、値が高騰しております。日によって入荷の状況が違うので、前日にお問い合わせください。 さて、活け車海老、例年ですと、この時期は入荷も潤沢で安値で安定することが多いのですが、今年はいったいどうしたことか、入荷が少なかったりして、えっと思うような値がついていたりします。養殖場は九州沖縄にありますが、このところの寒波で海老が弱っていたり、池の底に潜って動かなかったりするそうです。いずれにしても、自然を相手の仕事であることを思い知らされます。 写真は、今日の車海老、海水の状態やエサによって色が違っています。赤く見えるのが沖縄、黒っぽいのが鹿児島です。 ▲活け車海老、右の赤いのが沖縄、左の黒いのが鹿児島 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む

築地市場の佃林です。新年会 ()
築地市場の佃林です。久しぶりに、社内で新年会をしました。佃林では飲み会はありません。先代の社長も飲まない人だったこともあり、また日頃朝の早い仕事で、夜は早く皆寝る習慣なので、時間の遅くなりがちな飲み会は敬遠。食材の試食も兼ねて、食事会を時々行います。 今回はお客様の店、五反田の中華料理店の梅林さんにうかがいました。いわゆるグルメサイトでは焼きそばが有名な店です。しかし、コースでだしていただいたお料理すべて、とても美味しかったです。当社のアオリイカの炒め物や同じく当社の天然の海老の炒め物なども出してくださいました。どちらも、素材を生かした味で、食材の質にも改めて自信を持ちました。 (アオリイカの炒め物、と、皮つき豚肉の旨煮の写真、とりそこねました) ▲前菜 ▲フカヒレのスープ ▲白魚の揚げ物 ▲天然の大海老の炒め物 ▲上海焼きそば 築地海老専門仲卸 株式会社佃林 活車海老・生ボタン海老・生甘海老・生シマ海老・各種冷凍エビの仲卸 〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
>> 続きを読む